北アルプス燕岳(つばくろだけ)燕山荘(えんざんそう)へ ④(完)








灰白色の花崗岩が並ぶ燕岳の山頂域。
これらそれぞれの岩たちがまるで何らかの法則に則って同一方向に向けて配置されているように見えるのは、
おそらくはこの山の成り立ちに起因している事なのだと思うけど
ほぼ常時飛騨側(西側)から吹き付ける風、雨、吹雪。
この厳しい自然環境も、この岩の方向性の一因になっているように思えるのだがどうだろう?

岩の周りにある美しい白砂、
この砂は長きにわたり岩のほぼ西側だけが削られて出来たものではなかろうか。
風が、ハイマツやダケカンバを曲げるのは知っている。
ここでは岩も風が削り形を整え、削られてできたザラザラとした白砂は、水はけのよい土壌をそれに適応する植物に提供している。
わずかではあったが、そうしたした植物としてコマクサも群落を作っていた。

c0077847_10142211.jpg
この2700mの稜線上に当初「燕の小屋」と称した山小屋が建てられたのが大正10年、今から95年も前の事、
その沿革については公式HPで参照することが出来る。

ここを起点に南に延びる稜線上を大天井岳、常念岳、蝶ケ岳と、晴れていれば常に槍ヶ岳・穂高連峰を眺めながら歩けるコースが
いわゆる北アルプスの「表銀座」だ。また、いつか是非歩いてみたいと思う。

c0077847_10413642.jpg

でも、今日は「やっぱりこれでしょ」
soka殿のゴチである。

c0077847_10505852.jpg
ちなみにサイズは4種類、僕らは控えめなので「大」を選択。
soka殿、実は少し高山病を自覚していたとの事、水分の補給も登山中250mlほどしかとれていなかった。
やはり寝不足での登山は体調にとってかなりのリスクである。
そこで充分な水分補給をしてからの「生」
よって、やや控えめな選択だ。
まあ、もう一杯いってもよかったんだけど、それで勢いが付くと大変なので一杯までとした。

と言ってもこれ以降、自炊室に入り浸り、いつものごとく担ぎ上げ過ぎの食材とアルコールで
楽しい宴会はつづくのでありました。
c0077847_11122459.jpg
翌日は大雨、しっかりとカッパを着込み下山したのでした。

今回の山旅は本当にsoka殿のおかげで実現できたもの、ありがとうございました。
また是非北を目指しましょう。

ーーーーーーおしまいーーーーーー


[PR]
Commented by soka888 at 2016-09-26 11:01 x
先週登った燕岳が、夢のような、ちょっと昔の事のような。

表銀座、あの稜線を歩いてみたいです。
水晶や雲ノ平方面も行こうと思っています。

職場の近くにも銀座があります。
コストもリスクもこちらの銀座の方がヤバいです。

次に行くのも、北アルプスの銀座にしましょう。
Commented by 888-morioka at 2016-09-26 11:30
本当にありがとうございました。
先週も夢のようですけど、30年ぶりと言う事も夢のようです。
僕も、雲ノ平だと思っています。
薬師沢って釣りもできるみたいですね。
日数が欲しいな~
Commented by soka888 at 2016-09-26 16:41 x
そうなんですね。日数が欲しいです。
by 888-morioka | 2016-09-25 11:24 | 山遊び | Comments(3)

適宜更新盛岡事情


by 888-morioka