岩手山焼走り第一噴出口

c0077847_19553708.jpg

頑張ってまた岩手山の森林限界まで行ってきました。

c0077847_20014205.jpg

今日は、いくつかの道具のテストも目的です。
まずは足元、先日防水処理した夏靴の雪山での使用感。
それからアマゾンで見つけた3,550円の14本爪アイゼンが焼走りルートの森林限界上部で使えるか。

c0077847_20013241.jpg

結果はどちらも底々には使えるのだけれど
この斜面を山頂まで登るには、やや役不足ちょっと不安。
やはり厳冬期の冬山には専用のしっかりとした道具じゃないと怖い。
靴は歩いてる分には問題ないけど、停滞時には冷たくなってくる。
アイゼンは意外に靴にフィットするけれど、爪の長さがやや足りなく
前爪を使ってのキックステップは出来るけど
足裏全体を使っての登坂ではヒールの爪が外れてしまいそうで怖かった。

c0077847_20000666.jpg

次にテントのポールとフライシートを使って底なしの自立シェルターを試行の件。
フロアのサイズに合わせてポールのベースを作成。
ナイロンのベルト素材を見つけて縫い合わせ、
4か所のコーナーにそれぞれ8mmのハトメを打つ。
自宅でのテストではうまくいっていたのに、実地では手荒く扱ったからかハトメ部分が2か所も抜けてしまい使用不能に。


c0077847_20434485.jpg

結局、自立は諦めて、フライシートをただ被るだけで使ってみましたが、意外にもこれ結構快適でした。
二人で向かいあって使えば、ガスの使用も可能かも。


c0077847_19572838.jpg
岩手山、まだ積雪こそ少ないですが、上部は完全に氷化してました。


[PR]
Commented by 浮雲 at 2016-12-25 22:01 x
お疲れさまでした(ああ、文学部卒業なのに「役不足」の使い方が間違ってる……)。
Commented by 888-morioka at 2016-12-25 22:46
すいません。オーバースペック程の使い方が正しかったのですね。
岩手山じゃなくて、14本アイゼン履いて高尾山登った事にします!
あ~あ、文字打つの疲れた。
Commented by soka888 at 2016-12-26 08:17 x
おっ!いろいろ試しているね。テント、なるほど。

いつの間にか、わたくし、アイゼン収集家になっていました。プラブーツ用とかワンタッチとか10本爪、夏の悪路とか藪漕ぎに使うチェーン用(服部文祥さんご推奨)とか。なななんと、通勤の革靴用のアイゼンまで(一度も出番なし)。

確かに爪が短いと山(斜面)では怖いですね。オーバーパンツの裾が切れないのが唯一のメリットでしょうか。
Commented by 888-morioka at 2016-12-26 09:37
思い起こせば私、滑ってばかりの人生であるような気がしてます・・・
by 888-morioka | 2016-12-25 21:45 | 道具・メンテナンス | Comments(4)

適宜更新盛岡事情


by 888-morioka