2017GW 和賀山塊バカンス まとめ-その2

c0077847_23331670.jpg


さて、食事と適度なお酒でお腹が満たされた夕方。今度は目と心を満たすべくマジックアワーが訪れる。

c0077847_23412179.jpg

この場所に立つと西はまさに日本海側だと実感する。
遠く海に落ちる陽が角館付近だろうか街並みも照らしているのが見えている。

c0077847_23445022.jpg

やや南に目を移すと、和賀岳とその横の奥に鳥海山がかすむ。


この後少し風が出てきて寒くなって来た。
そそくさとテントに入りシュラフに潜るといつの間にか眠りに落ちていた。


二日目(5月4日)


c0077847_23500227.jpg
羽後朝日岳

朝5時、浮雲氏に「もう7時だぞ」と起こされて時計を見ると5時だった。
一人テントを出て辺りを散歩する。今日も素晴らしい天気だ。
ここでテントの中に声を掛ける
「朝日岳行って来ていい?」
「どのくらいかかんの?」
「多分1時間半くらい・・・」
「いいよ・・・」
さっきの「もう7時だぞ」は僕を起こそうとしたのか、自分が起きようと思ったのか、それとももしや寝言?
なんとなく微妙に誘うと断らせてしまうような、頭の中の妙な間が「一緒に行こう」と誘うのをためらわせた。
しかし・・・普通に誘っておけば良かった。(浮雲氏すまない)

c0077847_00023597.jpg


大荒沢岳から朝日岳へのルートは夏道がないため、藪が雪で覆われる時期に来るか、
雪の消えた夏は沢を詰め、源頭から上は藪を漕いで頂上を目指すしかない。
残雪期もどうもいつもの年なら4月いっぱいが雪上を辿れるタイムリミットのよう。
今年は少しだけ雪が多いみたいだ。
ルートは尾根の東側に残る残雪の上を辿るのだが、
そこはつまり雪庇と山の地面の境の部分で、雪庇が割れ今にも崩落寸前のそのすぐ横に足を置かなければならない箇所もある・・・
藪漕ぎを厭う登山者にとっては今年ももう本当にギリギリのタイミングだっただろう。


c0077847_23031325.jpg


そして一人山頂に立つ



c0077847_22440985.jpg

朝日岳からは和賀岳が大きく見える。

c0077847_00091899.jpg

田沢湖、その右奥は森吉。

c0077847_00095206.jpg

秋田駒と岩手山

c0077847_00102731.jpg

それから横手平野?の向こうには朝日に照らされて白く浮かび上がった鳥海山が見えた。


c0077847_12130790.jpg


そしてテントを撤収して移動開始。
私の目論見としては、和賀岳踏破も考えてはいたが、僕らの体力技術レベルではいかにも遠そうだ。
話し合いの結果、二日目の目標は「より快適なテン場を探す」に決定。
あわよくば昨日出来なかった星の撮影がしたい。
方向としては和賀岳方面、根菅岳へ向け出発した。

写真左が羽後朝日、右ののピークはテン場を提供してくれた大荒沢岳


c0077847_12131286.jpg


少し歩く


c0077847_23213150.jpg

二日目のテン場到着。
この程よい広さの平坦地はまるで指定されたキャンプ地さながらの場所である。
この日の午後僕らはここでゆっくりとコーヒーを飲み、
お菓子を食べながら日頃の些事な出来事について何らかの話をして体を休める。
贅沢な時間だったと思う



c0077847_23355078.jpg
バカンス


c0077847_23405713.jpg

陽はまた落ちる


c0077847_12134634.jpg


23時半、この夜は昨日とは打って変わって風がない。


c0077847_12133652.jpg


しかしこの時間になってもまだ月が高く星の撮影には不都合だ。
それにしても月の光の明るさよ、和賀の山影が見えるばかりか歩き回るのに全く支障がない程だ。


c0077847_23560885.jpg


小さな岩手山も目視出来る。
しかし街(盛岡)は更に明るな。


c0077847_00021391.jpg


ひと眠り後の午前2時半、暗いテントの中で目が覚めた。月が落ちたか・・・
外へ出て予め決めていた設定でシャッターを切ってみた、
iso感度3200 絞値f4 露出時間20秒


c0077847_00091085.jpg


いくつか設定を変えて撮ってるうちに次第に背景が青みがかってきた。
午前3時、早くも太陽は地球の周りをぐるっと回って来たようだ。
そろそろテントに戻ろう。
明日はゆっくりお寝坊しよう、
どんなに遅くてもここを通る登山者なんてまづ来ない。


c0077847_00185159.jpg


翌朝、それでも8時にはコーヒーとゼリー飲料の簡単な朝食を済ませて下山を開始。


c0077847_00251238.jpg


星の撮影設定のままマニュアル露出で撮ってしまった朝日岳。かなりのオーバー露出


c0077847_00270783.jpg

下りは早い、こうなると早く温泉に浸かってソバでも食いたい。
足早の僕らを最後キビタキが見送ってくれた。


以上。
久々にいい山行でした。
浮雲殿ありがとう。























[PR]

by 888-morioka | 2017-05-15 23:54 | 山遊び | Comments(4)

Commented by pondside888 at 2017-05-16 08:18 x
とてもいい山旅でうらやましい!!
日本海が見えるというのは、はじめて知りました。
「バカンス」写真がとてもいいですね。
Commented by 888-morioka at 2017-05-16 12:00
こんな身近に存在するリゾートに今まで気付かなかった事が残念に思えるくらいの場所でした。
ただ夏は稜線上に水場がないんですよね・・・。
あと人が少ない分、雪が消えると獣の気配が濃くなりそうです。
今回は沢尻岳周辺で熊とカモシカの足跡を見たのみでしたけど・・・
Commented by 浮雲 at 2017-05-16 19:02 x
お疲れさまでした。楽しゅうございました。朝日岳、行きとうございました。起きたら7時半でした。
Commented by 888-morioka at 2017-05-16 20:26
浮雲殿、お疲れ様でした。
あれ以来毎日顔にニベアを塗って乗り切っております。
朝日岳は次回の目標が出来たと言う事で・・・