雲ノ平へ 3


c0077847_21362312.jpg

雲ノ平から見る水晶岳。
好天が期待できない中、青空の下にこの山が見えるとは思っていなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


c0077847_21403381.jpg

8月11日 山中二日目、薬師峠のキャンプ地を5時30分に出発、一旦太郎平へ戻って


c0077847_21432845.jpg

分岐を左、薬師沢へ下っていく。

c0077847_21543077.jpg

この道、いくつかのの枝沢を

c0077847_21555094.jpg

渡渉したり

c0077847_21580123.jpg

ちょっとした湿原帯(ここはカッペッケが原)があったり


c0077847_21593730.jpg
とにかく山の深さを感じる素晴らしいエリアだ。
今回釣り竿を持ってくるかで大変迷ったが、台風であれだけの雨が降ったのだから、
大増水してるか、もしくは濁っているか、少なくとも魚釣りはちょっと無理だろうと思って結局置いてきていた。

なのにこの透明感、本当に恐るべし黒部の奥深さ水の許容量。
もし次来る事があったら、今度は是非沢での遊びをメインにしたい。

c0077847_23102237.jpg

薬師沢が近づいてくるともうすぐ黒部本流との出合い、


c0077847_23123001.jpg

薬師沢小屋に到着する

c0077847_23154184.jpg

目に毒なビールの横から赤い缶を取り出してしばし休憩。
2Lのペットボトル一杯に水をいただいて

c0077847_23142040.jpg

有名な吊橋を渡たり

c0077847_23204009.jpg
いざ直登へ。

c0077847_23220612.jpg

c0077847_23231998.jpg

この道、約2時間半、滝汗かきながら、滑らない足場をさがしながらよじ登る。
本当にきつかった。ここは下りでもいやだ。


c0077847_23300630.jpg
で、急登が終わるとすぐにルンルンな木道が待っているのかと思えば
そんなに甘くもなく、山荘まで「やっぱり遠いぞ雲ノ平」

c0077847_23372896.jpg
奥日本庭園の奥はred bull?

c0077847_23401635.jpg
多分もう少しで小屋が見えてくるよ

c0077847_23421814.jpg
水晶が近い、大きい。

c0077847_23442709.jpg

おお小屋、てっきり左側に見えてくるもんだと思ってた。


c0077847_23471629.jpg
受付済ましたら早くテン場に行って何か食べよ。

c0077847_23510133.jpg
ってんで、14時到着。

c0077847_23540605.jpg
テントの受付時に緑のロープの内側ならどこに張ってもいいと言われていたので、迷わず草付きに我が家設営。
凹凸はあるものの周りより少し高くなっているので雨が降ってもここなら大丈夫そうだ。











[PR]

by 888-morioka | 2017-08-19 11:30 | 山遊び | Comments(0)