雲ノ平へ 4

c0077847_12080309.jpg
三俣から双六への巻道途中、雲を割いて槍の穂先が現れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0077847_12151315.jpg
8月12日 山中3日目 午前5時 雲ノ平では昨夜テントを叩く強い雨が降った。
おそらく9時か10時くらいからだったと思うが、下のテントの人たちは大丈夫だろうか(浸水してないか)と虚ろな意識でそう思った。
しかし、これも多分、雨は1時間ほどで止んでくれたと思う。
少なくとも撤収時に雨粒は落ちていなかった。周りでも坦々と撤収作業が進んでいる。

c0077847_12303083.jpg
我々も5時半出発、今日は鷲羽を目指すか、巻いて黒部源流を通るか未だ決めかねていた。


c0077847_16573259.jpg
祖父岳への途中、雲ノ平のキャンプ地のガスが取れて俯瞰することが出来た。
この辺りでザックをおろして一休み、携帯の電波が入っている事に気が付く。
今回持参した通信機器はauのガラケーとuqのデータsimを入れたスマホ(電源はほぼoffのまま)、どちらも回線はau利用。雲ノ平山荘で一番auが入りにくいと言われていた通りちょっとした高台に上がってみても圏外表示は変わらなかった。
入山して二日間家と連絡が取れないでいたので、少し早い時間だとは思ったが電話する
「かあちゃん、K太だよ・・・」

この付近ちょうど黒部源流コースと祖父岳との分岐のあたり、周りの登山者達もザックを下してメールチェックやら、電話やら一斉に下界とのやり取りが始まった。
そうした中で通信機器特にスマホのバッテリー問題が議論されている。
「結局バッテリーの問題だよね」「でも機内モードはGPS使えるし減りも少なくていいよ」等
今回僕もメインのガラケーは2個のスペアバッテリーと共に持参していて、
こちらはいつも電源ON。
スマホは万一の時の位置確認のために常にOFFのままにして持っていた。
モバイル電源も1つ準備はしていたけど、繋げると発熱が激しいし
特にGPSログはコースロストしない限り必須ではない。
けど今度機会があれば機内モードは試してみようと思う。

さて、かあちゃんと話しが出来た所で黒部源流コースは止めて、鷲羽岳を目指す事にする。

c0077847_17044869.jpg
まづは頂上直下の雪渓を越えて

c0077847_17112006.jpg
祖父岳(ジイダケ)登頂。
また雨が降って来た。ガスで周りの風景は望めないが標高で2825mもあるらしい、
考えてみると今回の山行初めてのピークになる。

c0077847_21013873.jpg
この辺り

c0077847_21024068.jpg
特に危険な場所はないものの

c0077847_21035467.jpg

視界がきくとそこそこの高度感が味わえ

c0077847_21051139.jpg
雰囲気的には

c0077847_21064763.jpg
岩手山の
c0077847_21072559.jpg
鬼ケ城と

c0077847_21083415.jpg

あまり変わらない。

c0077847_21091912.jpg
ただ、時々比較的広いお花畑が出現して、
8月なのにハクサンイチゲ等の雪解け後の花が綺麗にさいていたりする。
ちなみに花についてはチングルマ、ハクサンイチゲ、アオノツガザクラ、ヨツバシオガマ、多分エゾシオガマ、コ(?)イワカガミが太郎平から終始目立った。

c0077847_21182486.jpg
10時鷲羽岳登頂。残念ながらここで雨が強くなってきた。

c0077847_21205456.jpg
しっかりとレインウエアを着て、ややガレた道を一気に下る。

c0077847_21230461.jpg
三俣山荘への途中、初めて槍が見えてきた。
ガスでクリアではないものの、やっぱり恰好いい。

c0077847_21255649.jpg

12時、三俣山荘前のベンチで食事をしていると、なんと青空が見えてきた。
さっき下りてきた鷲羽の頂上も見えてきた。

c0077847_21385706.jpg
今日の目的地はもう少し先、三俣蓮華岳と双六の巻き道分岐まで頑張って登るが、
かなり疲れていたのかここ地味にきつかった。

c0077847_21432263.jpg

双六への巻き道、ここ広くてなだらかな下りで大変気分がいい道だ(最初のうちは)

c0077847_21461212.jpg
進行方向に槍が見え隠れしてるしものすごく快適な道だ(最初のうちは)

c0077847_21493223.jpg
でも、やっぱりこの道も長いし、疲れてきた頃に急登が待っていたりする。
まだ着かないのかな~

c0077847_21510674.jpg
カメラのレンズを望遠にして進行方向を眺めてみると、何か案内版らしきものが見えるぞ。
K太、もう少しだよ、多分・・・

c0077847_21541133.jpg
おお、

c0077847_21543192.jpg
午後4時 やっと着いた。双六山荘
それにしてもここは一際テントの数が凄まじい。
早くご飯食べて寝ちゃいましょ。

[PR]

by 888-morioka | 2017-08-21 21:59 | 山遊び | Comments(5)

Commented by soka888 at 2017-08-22 07:54 x
番外編。
ひやむぎのところ、笑いました。目に浮かぶ。
私もソバを洗う時に流してしまったことが。悲しさと恥じらいが…。あ~。
ざる。コッフェルと同じ大きさの竹ざる持って行ってました。汚いと捨てられましたけど。

黒部五郎はもう4~5年前。行きは双六山頂経由、帰りは巻道。
槍が素晴らしかった。
あ~、行きたくなってきた。
Commented by 888-morioka at 2017-08-22 11:16
ザル、岩手の山なら迷わず普通のやつぶら下げて行きますね。
初めて焼石行った時の冷麺はどうしたんだっけな~?

アルプス歩く人たちって皆体力ありますね。
もうちょうっとのんびりまったり歩きたかった所です。
Commented by 888-morioka at 2017-08-22 11:19
あっ、ちゃんとザル使ってる・・・
http://moriokaweb.exblog.jp/6697961/
Commented by soka888 at 2017-08-22 12:45 x
お~R君じゃないか!
本当だ。ざる使ってる。あれと同じミニざるがあってそれを持ち歩いてました。カビが生えて捨てられました。

スマホ。いつも機内モードにしています。3日余裕です。写真撮るときに電源が入っていると便利。GPS使うと減りが早いですね。アルプスだと太陽光パネルの人がけっこういたのでは?

それから、双六のテント。すっげ~な。トイレ渋滞すごそう。
Commented by 888-morioka at 2017-08-22 13:13
朝のお努め渋滞約15m、私綺麗なお姉さんの後ろでしたが、ちゃんと顔を見る事をしませんでしたので実はわかりません。
でも洋式の綺麗な水洗で、あれはすごいですね。実に快適快〇・・・