温湯温泉「後藤客舎」

グダリ沼から上がった我々を迎えた温湯温泉「後藤客舎」
c0077847_21115144.jpg
ガラス越に見える隣の建物が共同浴場180円也。
大きな旅館の長い廊下を大浴場へ向かうよりよほど近い。



走って来たおばさんに二人分の宿泊料金5000円をお支払いする。この宿は古い建物ではあるがその古さを「鄙びた」ではなく「趣」として感じる事が出来るようさりげない配慮がされた自炊宿だ。
c0077847_21124352.jpg
外と内を分ける木枠のガラス戸に曇りはなく。真ん中の暗い廊下の向こうには中庭から明るい光が射しこんでいる。その左右に二つづつの客間、脇に置かれた生け花も中々センスがいい。
c0077847_21131942.jpg
c0077847_21133146.jpg

さて、少しつまみを仕入れ、プリプリの枝豆を茹で上げたら、エビスビールのプルを開け今日の反省会の始まりだ。
c0077847_21155271.jpg

[PR]
Commented by tomi at 2007-07-04 21:58 x
この前、ありがとうございました。
ほんとに楽しかったです!!

ここの写真みたら、この前の雰囲気が・・・
よみがえってきて(笑) ほんと楽しかった~!

また温湯と八甲田コースを! ご一緒しますので(笑)
Commented by 888-morioka at 2007-07-05 09:07
こちらこそ、ありがとうございました。
あまり楽し過ぎて私途中で落ちてしまいました、失礼しました。

この客舎はトイレこそ昔懐かしいシステムのものでしたけど、台所も含めてとても清潔、八甲田のベースとしては最適な選択だったと思います。

次回は今回お会い出来なかったyumiさんも含めて、皆で山歩きが出来ればいいなと思います。必ずしも頂上にこだわらない我々ですが、体調さえ万全であればそれほど辛い山ではない、かな?
ただ、天候に係わらずハイカットのトレッキングシューズがあれば安心です。
by 888-morioka | 2007-07-01 17:17 | 山遊び | Comments(2)

適宜更新盛岡事情


by 888-morioka