浮雲氏デビュー!


掲載はほぼ日刊イトイ新聞~フィンランドからの森だより~より

真昼登山口のオーベルジュ、ワカサギテントの中で「鷲の尾」の熱燗をすすり、
マシュマロを暖炉にかざすように焼いた牡蠣とツボダイの炭焼きをほおばりながら
「実は俺デビューするんだ」と語った浮雲氏の作品。
素晴らしい。
森の写真なんだけど、キノコや粘菌、コケなんか林床の小さな生き物が織り交ぜられていて、
全体としての森のイメージが醸し出されている。
そういえばあの梟やキツネ、魚の写真も良かったけどな~

今後もほぼ日にて彼が紹介されていくみたいです。
僕も頑張らなきゃ。って何を?

[PR]

by 888-morioka | 2009-10-30 13:23 | 日常徒然 | Comments(5)

オーベルジュ真昼登山口

c0077847_1931877.jpg
突き出し 牡蠣の漬けタレ炭火串焼き
c0077847_19323480.jpg
汁碗 芋の子 クリタケ 牛肉の焚き物
c0077847_19361591.jpg
焼き物 ツボダイの塩ダレ炭火焼き

真昼登山口にていただきました・・・。

ご馳走様でした。
[PR]

by 888-morioka | 2009-10-25 19:38 | 山遊び | Comments(6)

白キクラゲ入りフルーツポンチを食す

c0077847_20171362.jpg

「白キクラゲは中国では高級な食材で、フルーツポンチに入れて食べるんだって」
高校時代に南昌山への登山道で先輩のM氏から教えられた受け売りのフレーズを、
八幡平の県民の森の中、今度はSとR介に繰り返した。

先週、沢内の森を歩いた時には、クリタケとムキタケが出始めだったから、
タイミング的には・・・どうだろう?少し標高を上げたくらいの森がいいかなと思い
県民の森の奥、岩手山の七滝登山口周辺を子供達と3人で歩いてみる。

「R介ー、あんまり離れるなー!お前迷ったら帰れないぞー」
沢内同様、出始めのクリタケやツチナメコ類はボチボチ見つかるものの、目当てのムキタケが少ない。
大きなブナとミズナラの比較的下草も少ないいい感じの森なんだけど、
探すのに夢中になっていると子供達の所在を忘れてしまいそう。

んー、なかなかないな~・・・
「おお、Sちゃーん、これ白キクラゲ。これって中国ではね・・・」
ちょっとした小枝に張り付くキノコを見つけてSに声をかけ例のフレーズを繰り返す。
「美味しいの?」
「えっ?いや中国では入れて食べるんだって。食べた事はないもん」

Sちゃん、小学6年の女子にとって、フルーツポンチに入れると美味しいってイメージは結構強烈みたいで
かくして帰ってから父ちゃんが一寝入りしている間に白キクラゲ入りフルーツポンチは出来上がっていた。
「パパ、出来た!」

本当にビックリ、独特の食感が実に旨い
「Sちゃん、これって洗って、そのまま入れたんだよね?」
「うん、ちゃんと洗ったよ」

初めて白キクラゲを食べてみた。
[PR]

by 888-morioka | 2009-10-17 20:43 | 山遊び | Comments(4)

ボリとタラボとインフルエンザ

中坊のR介が新型と診断され、学校に休む旨を伝えた日、2年生が学年閉鎖になった。
「学年」といっても全部で16人、そのうち10人が欠席で6人はちゃんとインフルエンザと診断されたとの事。
いやいや、よくぞメキシコからはるばるこの岩手までやっていらした。
と感慨にふけったりしたものの、すぐに一家全滅を防ぐべくR介を自分の部屋に軟禁することとした。
最高体温39.1℃、症状的にはそれほど重篤ではないが、ポカリの粉末を溶き、水枕、湯たんぽを準備、
トイレ以外は部屋を出るな旨通告。翌日にはもう発熱も収まるも、「菌がいるから」3日間は我慢してもらった。

K太の保育園が自主登園になった。
R介が新型の診断をされるより前、K太が38℃台の発熱となったため、小児科を受診。
インフルエンザの反応は出なかったが、予防の意味を含めタミフルと別の種類の2パターンの薬をもらい飲ませた。
幸い、彼も翌日には熱も下がり、以降普通に登園。

今のところ、自分も含め他の家族3名は無事でいる。
「でもなんで、私達インフルに感染しないかな?」
「ん~、僕ら結構キノコ食べるでしょ、抗体があるんでない!」
「いや、私ね実はタラボじゃないかと思うのよ、だって木の芽ってものすごいパワーでしょ!」
「何言ってんだよ、そりゃすごいパワーだよ、タラボの芽は。それはそうだけど、インフルエンザって菌でしょ、やっぱね、ボリだと思うよ、ボリだと。Sもさ、キノコ採り一緒に行くからね、だからかからないんでないかい。」
「ハイハイ、そうですか、でも季節の、その土地で採れたものを食べるって大切みたいだよ」
「そうだね、でも新型インフルエンザってメキシコから来たんだよな~、たいしたもんだな・・・」

晩酌時、我々夫婦の会話には脈絡があるようで無いようで・・・。
まあ、適当に病気はしていますが、みんなそれぞれ元気です。
[PR]

by 888-morioka | 2009-10-15 20:30 | 日常徒然 | Comments(6)