重低音のメロディー

午後3時、ご近所の方のお葬式に参列しました。
外は雪の降る、今年一番の寒い午後。
それでも本堂に炊かれたブルーヒーターの近くが空いていて暖かい場所確保。
市内でも大きく立派なそのお寺では5人お坊さんによる読経が始まりました。
這うように流れてくる重低音、時々響くシンバル(?)さえゆったりしたリズムでここちいい・・・。
罰当たりながらも私つい落ちてしまいました。

夢うつつ、
あっ、タッペが来た、ずいぶん久しぶりだな~~~、お前・・・って無視するんかい。
あれ、小屋の下からチビが出てきたよ、ばあちゃん!
あっ、お隣のおばあちゃん、こんにちは。
あれ、タッペは???


昔の家の縁側での光景が一瞬記憶を掠めていきました。

お隣のおばあちゃん、どうぞ安らかにお眠りください。
[PR]

by 888-morioka | 2010-12-13 23:39 | 日常徒然 | Comments(0)