和賀偵察

c0077847_20040573.jpg

全国的に気温が上がると言う。
盛岡の朝も冷え込みなどなく暖かいのだけど、どうも空が不安定。
日本海側や県内でも山沿いでは雷雨も予想されている。とにかく風が強い。
そんな中、和賀の雪の状況を偵察に行ってみる事に。

c0077847_20093693.jpg

最終民家奥の駐車スペースから2Kほど雪の林道を歩いて貝沢登山口へ、
途中の第一渡渉点

c0077847_20145982.jpg

第二渡渉点を過ぎると登山口の看板が見える。
第一第二とも登山靴のまま渡ったが、微妙に水が浸みてきているような気がする。

c0077847_20190655.jpg

登山口にて本日の新兵器登場。
ざらめ雪で沈み込みはないものの、踏み抜き防止に役に立つ。
しかし尾根筋では土が出ている事も多く、この季節には敢て準備しなくても不都合ではない感じ。

c0077847_20230355.jpg


斜面ではまだ雪が深い

c0077847_20235830.jpg

ブナの尾根を登り

c0077847_20253686.jpg

郡界分岐までは登ってみた。
一番上の写真が分岐付近から撮ったモッコ岳方面の稜線の状況。
まだ大きな雪庇が見える、
それにしても向こう側の空が暗い

c0077847_20384102.jpg

沢内側は少し明るい。


c0077847_20440035.jpg

このコース、今日は誰も登っていない(来ない)みたいだし・・・
僕も心細いからラーメン食べて帰りましょ。

c0077847_20494665.png

c0077847_20501621.jpg


おまけ、鶯宿温泉逢滝横のカタクリ

GWの天気どうだろう?










[PR]

by 888-morioka | 2017-04-16 20:56 | 山遊び | Comments(6)

クライミングシールのメンテナンス

1月ももう最終の日曜日、山にもワカサギ釣りにも行かずに自宅待機しています。
相変わらず左肩が痛いからなのですが、でも良くなってきたら久々に八幡平に行ってみたい。
秋田八幡平からのルートなら好天が前提だけど無理なく行けそうな気がします。

そこで道具のメンテなど。
汚れたクライミングシールの接着面を補修します。

c0077847_17400281.jpg

まずは、古い接着剤をカレンダーなどのつるつるした紙を敷いてアイロンで温めスクレイパー(手近な定規で代用)で削り取る。

c0077847_17395774.jpg

なかなか、こつと根気が必要な地道な作業ですが頑張って剥ぎ取る剥ぎ取る。
↑の写真、上が作業前で下が作業後。そこそこ取れました。

c0077847_17473552.jpg

そして、新しい接着剤(ブラックダイヤモンドのゴールドラベル)を塗る。
以上、このまま乾燥させて完了です。
ちゃんとしたスクレイパーがあれば少し楽に出来たかもしれません。

来週くらいに試乗出来ればいいな~・・・


[PR]

by 888-morioka | 2017-01-29 18:30 | 道具・メンテナンス | Comments(2)

岩手山焼走り第一噴出口

c0077847_19553708.jpg

頑張ってまた岩手山の森林限界まで行ってきました。

c0077847_20014205.jpg

今日は、いくつかの道具のテストも目的です。
まずは足元、先日防水処理した夏靴の雪山での使用感。
それからアマゾンで見つけた3,550円の14本爪アイゼンが焼走りルートの森林限界上部で使えるか。

c0077847_20013241.jpg

結果はどちらも底々には使えるのだけれど
この斜面を山頂まで登るには、やや役不足ちょっと不安。
やはり厳冬期の冬山には専用のしっかりとした道具じゃないと怖い。
靴は歩いてる分には問題ないけど、停滞時には冷たくなってくる。
アイゼンは意外に靴にフィットするけれど、爪の長さがやや足りなく
前爪を使ってのキックステップは出来るけど
足裏全体を使っての登坂ではヒールの爪が外れてしまいそうで怖かった。

c0077847_20000666.jpg

次にテントのポールとフライシートを使って底なしの自立シェルターを試行の件。
フロアのサイズに合わせてポールのベースを作成。
ナイロンのベルト素材を見つけて縫い合わせ、
4か所のコーナーにそれぞれ8mmのハトメを打つ。
自宅でのテストではうまくいっていたのに、実地では手荒く扱ったからかハトメ部分が2か所も抜けてしまい使用不能に。


c0077847_20434485.jpg

結局、自立は諦めて、フライシートをただ被るだけで使ってみましたが、意外にもこれ結構快適でした。
二人で向かいあって使えば、ガスの使用も可能かも。


c0077847_19572838.jpg
岩手山、まだ積雪こそ少ないですが、上部は完全に氷化してました。


[PR]

by 888-morioka | 2016-12-25 21:45 | 道具・メンテナンス | Comments(4)

天候安定の週末

c0077847_18285683.jpg
たいへん天気がよい予報。どこか行かなきゃ。
でもカメラ忘れる・・・いまいち気分が乗らない・・・今度は左肩が本格的に痛くなってきたから・・・
c0077847_18290770.jpg
でも頑張って、クロカンでラッセルしてきました。
帰り道、馬返し登山口を偵察すると駐車場に20台もの車、
皆上までいったのかな~?明日もいい天気かな~?僕も行きたい・・・でもアイゼンないし・・・
とりあえず飲んじゃおっ!


[PR]

by 888-morioka | 2016-12-03 18:36 | 山遊び | Comments(2)

我が家の三代目スバル

c0077847_00414988.jpg

我が家の初代スバル、BHレガシィTX(MT)
2000年1月初度登録 9月8000キロ走行時中古購入
2011年1月245000キロにて廃車

c0077847_00431577.jpg
二代目 BPレガシィ2.0i Bsports(AT)
2005年初度登録 2011年1月136000キロ走行時中古購入
2016年10月225000キロにて廃車

c0077847_17171410.jpg
そして我が家の三代目スバル SHJフォレスターX(MT)
2011年初度登録 75000キロ走行時中古購入
10年乗るとして、その頃にはもうマニュアル車なんてないだろうな・・・
ってか、俺元気かな?


[PR]

by 888-morioka | 2016-10-23 17:35 | 道具・メンテナンス | Comments(8)

北アルプス燕岳(つばくろだけ)燕山荘(えんざんそう)へ ④(完)








灰白色の花崗岩が並ぶ燕岳の山頂域。
これらそれぞれの岩たちがまるで何らかの法則に則って同一方向に向けて配置されているように見えるのは、
おそらくはこの山の成り立ちに起因している事なのだと思うけど
ほぼ常時飛騨側(西側)から吹き付ける風、雨、吹雪。
この厳しい自然環境も、この岩の方向性の一因になっているように思えるのだがどうだろう?

岩の周りにある美しい白砂、
この砂は長きにわたり岩のほぼ西側だけが削られて出来たものではなかろうか。
風が、ハイマツやダケカンバを曲げるのは知っている。
ここでは岩も風が削り形を整え、削られてできたザラザラとした白砂は、水はけのよい土壌をそれに適応する植物に提供している。
わずかではあったが、そうしたした植物としてコマクサも群落を作っていた。

c0077847_10142211.jpg
この2700mの稜線上に当初「燕の小屋」と称した山小屋が建てられたのが大正10年、今から95年も前の事、
その沿革については公式HPで参照することが出来る。

ここを起点に南に延びる稜線上を大天井岳、常念岳、蝶ケ岳と、晴れていれば常に槍ヶ岳・穂高連峰を眺めながら歩けるコースが
いわゆる北アルプスの「表銀座」だ。また、いつか是非歩いてみたいと思う。

c0077847_10413642.jpg

でも、今日は「やっぱりこれでしょ」
soka殿のゴチである。

c0077847_10505852.jpg
ちなみにサイズは4種類、僕らは控えめなので「大」を選択。
soka殿、実は少し高山病を自覚していたとの事、水分の補給も登山中250mlほどしかとれていなかった。
やはり寝不足での登山は体調にとってかなりのリスクである。
そこで充分な水分補給をしてからの「生」
よって、やや控えめな選択だ。
まあ、もう一杯いってもよかったんだけど、それで勢いが付くと大変なので一杯までとした。

と言ってもこれ以降、自炊室に入り浸り、いつものごとく担ぎ上げ過ぎの食材とアルコールで
楽しい宴会はつづくのでありました。
c0077847_11122459.jpg
翌日は大雨、しっかりとカッパを着込み下山したのでした。

今回の山旅は本当にsoka殿のおかげで実現できたもの、ありがとうございました。
また是非北を目指しましょう。

ーーーーーーおしまいーーーーーー


[PR]

by 888-morioka | 2016-09-25 11:24 | 山遊び | Comments(3)

登山届

c0077847_14162622.jpg
僕の新品の登山靴、気が付くと買ってからもう2年が経とうとしています。
やっと足になじんできたスエード仕様のこの靴に今更ながら流行?のWAX塗り3回加工を施してみました。コロニル社のナノコンプリートとレザーワックスを撒布してひたすらにブラシで磨く。もはやスエードの面影が無くなるほどにピカピカになりました。

さて、この靴に紐を通し12年ぶりの大朝日岳に出かけてきます。
寒河江のSAでバイクでいらっしゃるsoka殿と待ち合わせ、明朝古寺鉱泉からアプローチ。
おそらくは大混雑の肩の小屋に泊り日曜の下山予定。
今一微妙な天気も気になりますが、果たして僕は小屋までたどり着くことが出来るだろうか・・・
心配ですが行ってきます。

[PR]

by 888-morioka | 2016-07-15 18:30 | 道具・メンテナンス | Comments(0)

ある日森の中

c0077847_15200828.jpg
いつか会うのではないかと思っていたこのエリア。 なかなか降りるポイントが少ない川で、少し戻って枝沢ずたいに入ろうと車を止め外へ。道の反対側からがさがさ音がする。もしや熊かとそちらを向くと太い枝が落ちてきた。な~んだと一瞬安心するも、続いて熊さんも降りて来て森の中へ走り去った。レガシィのトランクに飛び込んむ僕も慌てたけど、彼(彼女?)も相当慌ててた。登ってた木は多分桜だと思うけど、お食事中すまなかった。
しかし残念ながら写真には撮れなかったし、ここ来ずらくなるな~。

[PR]

by 888-morioka | 2016-07-03 15:19 | 川遊び | Comments(6)

ぼちぼち

c0077847_16582016.jpg
梅雨時ではありますが週末の天気があまり良くないので、山を諦め雨の間隙をぬって川に出かけています。
写真は先週の増水した沢、今日行ってみたらいい感じに復活していました。
28センチ山女の沢ですけど本日はイワナのみ4匹、30分足らずの釣果としてはまあまあです。
ただこの場所、山奥と言えば奥なので最近の熊のニュースに一人ビビりながらの遡行。
熊こそ出てきてませんが、2匹の子ギツネが遊んでいたり、ウサギが車めがけて突進してきたり、野趣溢れるエリアにて
初めて鈴鳴らしながらの釣りをしてみました。明日は雨降らないかな~

[PR]

by 888-morioka | 2016-07-02 17:20 | 川遊び | Comments(0)

釣っちまった❗

c0077847_15165765.jpg
山から降りて途中ちょっと気になって竿を出して見た新しい沢。いかにも大物が出そうなポイントで本当に出ました。ビックリ👀‼
c0077847_22271048.jpg
尺はないか・・・残念28センチでした。
現在家でさばき中、どうしよう三枚におろしてムニエルかな~
c0077847_22125890.jpg
父の日だからウナギも・・・皆できれいに美味しく(本当に旨かった~)頂きました。ごちそう様でした。


[PR]

by 888-morioka | 2016-06-19 15:15 | 川遊び | Comments(5)