2018北アルプス遠征(2)の2 朝日小屋について

c0077847_15345448.jpg



12時、
トイレに行きたくて目を覚ますとテントに吊るした電球の明かりが点いたままになっていた。
いつの間にか眠ってしまっていたようだ。
外へ出ると暗闇にぼんやりと天の川が見える。
とても静かな夜、
明かりをそのままにカメラを三脚に据え付けて星の写真を撮ってみた。




c0077847_13534476.jpg


さて、朝日小屋には午後6時に着いた。遅くとも4時には着けるだろうと思っていたが
こんな時間になってしまったので小屋の管理人さんには何か苦言を言われそう。



c0077847_13534777.jpg

しかし私の後ろからもう一人追いついてきた方と同時受付になったので
「12時間?なんで皆さんそんなに頑張るのかな~」
と苦笑いされた程度で収まった。
ただ、アルプスでこんな時間まで行動するのは明らかなルール違反だ。
この日は天気も崩れなかったし、日の入り時間も遅いから結果的に問題なかったのだけど、
荷物の選別や自分の体力の過信、計画の甘さなど、おおいに反省すべき材料山盛りだ。

受付を済ませまずは小屋の前のベンチに座り込みビールでクールダウン。
350缶で600円は北アルプス標準価格だが、越冬物だからと400円で売ってくれた。
越冬物だからか?ものすごくキンキンに冷えたビール。
弛緩した全身の筋肉に、あ~染み込む~

たぶん今日はこの小屋のテン場も大賑わいの日であったのだろうと思うが
ざっと数えて30張くらい。スペースにはまだ充分な余裕がある。
しかもどこもほぼ真っ平で素晴らしい。


c0077847_13535155.jpg


ここは北アルプスにあって数少ないゆったりと過ごせるテン場だと思う。
ちなみに、予約は必要だがアルプス一と評判の小屋食をテン泊者でもいただく事が出来るそうだ。
次回はそれもいいかもしれないと思った。

計画時この場所は周回ルートの通過点に過ぎないと思っていたのだが、
メインルートからやや外れているためか、落ち着いて過ごせる素晴らしい場所だった。



c0077847_13534112.jpg

あそこの場所へは是非また行きたいと思う。



[PR]
by 888-morioka | 2018-07-19 23:17 | 山遊び | Comments(0)