人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 21 )

令和のGW 岩手山の避難小屋

c0077847_21254070.jpg


令和初の山登り、翌日の好天も見越してお昼過ぎてから自宅を出発。
大汗かきかき小屋まで着いて
寒い夜を震えながらやり過ごし、頂上は目指さず迷わず下山したのでした。

今度からシャツの着替えは持って行こ。





by 888-morioka | 2019-05-04 21:37 | Comments(2)

2018北アルプス遠征(3)二日目も長かった。 (完)

c0077847_11014063.jpg


7月15日
三連休二日目は朝日岳への登り返しからスタートします。


c0077847_11014667.jpg

この朝日岳、北アルプスにあって2418mと言う標高はさほど高さを感じないが、日本国内においてはこれより北にこの高さを越える山は無いのだそう。
更に、日本海沿岸の親不知の海抜0mまで続く長い栂海新道の基点にもなっている。
それにしても今回二度目の山頂だが、本当にいい山だと思う。


c0077847_11155260.jpg

さて、もう一度剱岳を望遠で撮って雪倉岳を目指そう。


c0077847_11181473.jpg

上の写真、中央が目指す雪倉岳、
一旦ぐんと標高を2000mまで下げて小桜ヶ原を通り、手前の赤男山の右側をトラバース、
2600mの雪倉へ登り返す。
写真右奥に今回はパスの白馬岳、左奥には小蓮華岳が見えている。
実は雪倉よりあの稜線の方がまだ100m以上も高い、しかもあの尾根へもあの尾根自体も長かった。



c0077847_11392795.jpg


雪倉へ


c0077847_11404339.jpg


雪倉到着は11時、この時点でスタートからもう6時間も経過している。


c0077847_11425707.jpg


ルートの中間、コース上の鞍部に立つ雪倉岳避難小屋


c0077847_11452174.jpg


雪倉岳避難小屋は一般の避難小屋とは性質が異なる。
岩手県民的な解釈をすると早池峰山頂避難小屋的な存在と言ったことろか。
実際に行って見たらなんとウルップソウ大群落のど真ん中に建っていた。
長いコース上、荒天の場合など緊急時はたいへんありがたい場所だが、
安易なトイレ使用などは控えたい、でも存在自体が安心感を与えてくれる。


c0077847_11563292.jpg

小屋付近でまだ花をつけた固体を見つけることができた。
このウルップソウは千島のウルップ島で発見された植物、
ウルップはアイヌ語のウルプ(紅鱒)が語源。
ウルップ島は戦前まで日本の統治下にあった。
島の東、見崎湾には日本が建てた灯台が今もあって、その周りはウルップソウの大群落になっているのだそう。
何か北の島への憧れと歴史のロマンを感じさせてくれる花だ。

その同じ植物の大群落がこの雪倉岳避難小屋の周りでも見る事が出来る。


c0077847_14085234.jpg


ゆっくりはしていられない。
白馬と小蓮華を結ぶ稜線への合流点、三国境が見えてきた。



c0077847_14110023.jpg


小蓮華への稜線の向こう、信州側から積乱雲が湧いてきた。



c0077847_15312653.jpg


午後3時、三国境


c0077847_15335850.jpg



小蓮華を目指す。
気持ちの良いアルプスの稜線、
でも予定していた歌のハミングなんて全然余裕なし。


c0077847_15370308.jpg

振り向くとあの双耳峰は鹿島槍?


c0077847_15402012.jpg


遠くには槍ヶ岳


c0077847_15405812.jpg

小蓮華岳通過午後4時20分


c0077847_15420406.jpg


白馬大池山荘着、今日も午後6時、13時間の行程でした。



c0077847_15433913.jpg


この夜は雲が少し星を隠してしまった。


c0077847_15595429.jpg


7月16日は朝5時にテン場を出発、8時無事蓮華温泉に下山しました。
(写真は途中の天狗の庭から朝日・雪倉方面を振り返る)
早く風呂に入りたいが、蓮華温泉はまだ時間外。



c0077847_16040425.jpg


車で1時間ほど下った姫川温泉のホテル国富さんは7時から10時まで朝の日帰り温泉営業中、
汚れた服装で気が引けましたがお世話になりました。タオル付き1000円。
たいへんさっぱりしました、ありがとうございました。


この後、糸魚川インターから新潟村上の朝日まほろばインターまで高速
そこからは高速無料区間と一般道を使って午後7時頃帰宅できました。
このルートだとETC休日割引で3600円ほど、時間もオール高速より2時間弱長くなるだけ、
また使えそうです。


by 888-morioka | 2018-07-22 16:16 | Comments(2)

天空のテン場へ

c0077847_23434334.jpg

登山口から12時間も掛かってしまいました。
「12時間?、あんたその足なら明日のコースは15時間掛かるわよ!」
小屋のお姉さん(私と同年代?)あながち間違った事言ってませんでした。




by 888-morioka | 2018-07-16 23:52 | Comments(0)

焼走り

c0077847_21071076.jpg


今このルートが好きです。
好きだけど森林限界にさえ中々たどり着く事が出来ません。
でもラッセルにもがきながらもぼんやりとでも山容が浮かぶとつい見とれます。
3月になって天候が安定したらもう少し上の方まで行きたいと思います。



by 888-morioka | 2018-02-18 21:19 | Comments(0)

ウグイ2 イワナ2回 ワカサギ25でした。

c0077847_12223757.jpg
甲子園無事開幕、いつもの場所のいつもの風景、釣果は7時40分~10時半。
ランタン忘れて寒い思いをしました。

by 888-morioka | 2016-01-24 12:24 | Comments(3)

2016年は雪中行軍から

c0077847_18175197.jpg
soka殿、お疲れ様でした。

c0077847_21283965.jpg
カラー写真なのに墨絵のようです

c0077847_21313566.jpg
フラッシュの効果はどうだろう・・・


by 888-morioka | 2016-01-02 18:21 | Comments(4)

姫神山 雲が・・・

c0077847_16590974.jpg



c0077847_17081932.jpg



降りてきたら取れました。天気図的には完全な快晴だと思ったんだけど、しかし本当に雪がありません。


More
by 888-morioka | 2015-12-20 17:02 | Comments(4)

最近、週末が雨がち

c0077847_20255562.jpg
でもキノコはそこそこ採れてます

by 888-morioka | 2015-10-12 20:22 | Comments(0)

K川20130504


by 888-morioka | 2013-05-06 18:43 | Comments(4)

笛吹峠でお弁当

c0077847_15454487.jpg

肉眼でも小さくしか見えませんが、向こうの方に何頭くらい居るんだろう?ニホンジカの群です
by 888-morioka | 2012-05-30 12:49 | Comments(0)