人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

星景 コンポジット試行

c0077847_12521973.jpg



土曜日夜11時前 八幡沼の対岸から戻って来てまた陵雲荘を入れて今度は南よりの空の撮影開始、
中心付近の木星は肉眼でも明るく見えているが、
後ろの天の川は僕の目にはモヤモヤとも見えなのでスマホソフトで概ねの方向を確認、アオリ角も適当にジッゾを位置決め。
ズームは広角端から少し戻して20㎜、F値開放2.8 ISO3200 露光20秒で順次9枚撮影。
本当は16枚にしようと思ったけど、もうこの作業を数回繰り返していたので流石に飽きてこのアングルだけサボってしまった。

自宅へ戻ってコンポジット作業、
フリーソフトのSequator
今回はそもそもこのフリーソフトでの星のコンポジットを試してみたかった。

泊りでの山行時、夜の撮影用に三脚を持っていく。
三脚があれば山やテントを入れての星景をなんとか撮影する事が出来ていた。
けれど夜、暗い中での写真なので長時間露光の高感度撮影はしいられる。
本来露光時間は30秒未満、出来れば20秒未満でないと点である星が「ながれ」てしまう。
感度もできれば1600未満とかにしないとノイズが激しくなって写真がきたなくなる。

星の写真において、星が点の星であって、その星の周りに余計なノイズが無ければ「クリアな星屑たち」の美しい写真になる。
更に、ダイナミックな地上の風景がそこに組み合わされば申し分ない。

そこでこのソフト、このソフトは高感度撮影された写真を複数枚合成することでノイズ低減させるもの。
原理的な事は実はよく理解できていないのだけど、いずれ「合成する写真の枚数のルート倍質が良くなる?」んだそう、
つまり4枚で2倍9枚で3倍16枚で4倍・・・64枚で8倍、クオリティが上がるんだそうです・・・

で、今回地上の風景はまた別として、星の部分のクオリティーについて、手持ちの機材でどのレベルまで出来るのかちょっと試してみたいと思った。


ちなみに、今回の写真の1枚目の元写真が↓


c0077847_14210114.jpg

果たして努力は報われているのだろうか?

by 888-morioka | 2019-05-28 14:25 | 山遊び | Comments(0)

小屋の上のスターリンク

c0077847_14064004.jpg


5月にして下界は記録的な暑さとの事、
ここ盛岡も30℃を越えて真夏日になっていますが湿度も低いし薄雲が日差しを遮ってくれているので左程辛くはありません。
しかし今日は北海道がすごいですね、流石にいきなりの38度とかってのは堪えそうです、しかもエアコンとかあまり無いでしょうし、是非ご自愛くださいませ。
って誰に言っているのかわかりませんが。

昨晩、陵雲荘付近で星の写真を撮って居た所、初めて見る不思議な飛行物体の一群を目撃しました。
便利な時代で、あれはUFOか銀河鉄道かと頭を捻る前に片手のスマホで直ぐにその正体が判ってしまうのですが、
上空、北西から東方面へ一定のスピードで滑空していく星の一群を見つけそれが見えなくなるまで1分くらいかな、なんとも不思議なこちらまで宙に浮いているような感覚になりましたね。

写真は20秒露光で一群の星たちが一本の線になっていますけど、ユーチューブにきれいな動画をもうアップされてる方がおいでです。





by 888-morioka | 2019-05-26 14:44 | 山遊び | Comments(0)

ONE SUNDAY MORNING 3AM

c0077847_22372456.jpg


満月の夜、月は結局雲に隠れたまま西の影に落ちて行き、真っ暗ではない夜が明けてきた。3時半


c0077847_22372944.jpg


4時過ぎ、特に赤く染まるでもなく、辺り一面じんわりと明るさが増してきた。


c0077847_22373360.jpg

ドラゴンアイの写真でも撮って帰ろ。
いやこっちじゃない

c0077847_22373518.jpg


鏡沼
こっちがいわゆるドラゴンアイ。




by 888-morioka | 2019-05-19 22:43 | 山遊び | Comments(0)

令和のGW 岩手山の避難小屋

c0077847_21254070.jpg


令和初の山登り、翌日の好天も見越してお昼過ぎてから自宅を出発。
大汗かきかき小屋まで着いて
寒い夜を震えながらやり過ごし、頂上は目指さず迷わず下山したのでした。

今度からシャツの着替えは持って行こ。





by 888-morioka | 2019-05-04 21:37 | Comments(2)

GW平成編

c0077847_22204426.jpg


4月末、冬山登山慣行
(涸沢行きも検討したけど、行かなくて良かった)


c0077847_22204908.jpg


膝と肩が痛いと言う浮雲氏を引きずって40分の小ラッセル。
歩いてみれば、あっちゅう間に兜山荘到着。


c0077847_22205844.jpg


道中に出会った森のクマさんなどの話をしながら



c0077847_22205481.jpg


蒔きストーブの夜は更ける。



c0077847_22290703.jpg

翌日は海抜をぐんと下げ侍浜の星空をテントから仰ぎ


c0077847_22210771.jpg


東から昇る朝日を眺めて


c0077847_22211251.jpg


平庭の下、ワイン工場経由で帰途に着く。

今年のGWはやや天気が安定してないですね。

令和につづく・・・



by 888-morioka | 2019-05-02 22:36 | 山遊び | Comments(0)