タグ:DA18-135mm F3.5-5.6 WR ( 28 ) タグの人気記事

c0077847_13145276.jpg


遠足の前の晩は眠れない。そんな子供の頃の記憶は確かにあります。
50を超えた今、日本酒飲んだらいつでも眠れます。
そして目覚めがやたら早い。
週末の天気が今一だった今シーズン。
この土曜日はてんきとくらすの指数が終日A、これは行くしかありません。

金曜夜9時、盛岡のベースキャンプ。
鷲の尾の金印で準備を整え床へ入って即熟睡。
土曜日午前2時に目覚めるもちょっと早い、我慢しきれず3時に起きて4時出発。
おにぎり求めて24時間のマックスバリューへ向かうが割引シールが張られた梅一つのみ。
やっぱりまだ早かった。

朝ごはん、牛丼食べちゃおっかな~。
4号線を北上、滝沢市のすき屋へ、あさり汁セット560円をお願いします。
今の時代はこんな時間帯でも女性がシフトに入れるんだ・・・
目を赤くした彼女にごちそうさまを言って八幡平市へ向かいます。
途中のコンビにで配置されたばかりのおにぎりゲット。
西根の道の駅で時間調整おつとめタイム。
今日の日の出は5時57分、この時間に合わせて登山口の焼走りへ
駐車場には一台の先客、男女の若者が手際よく準備を終え出発して行った、
出来るタイプのアベックと推察された。


c0077847_14093076.jpg


午前8時
1月2月には深いラッセルに苦しめられて、ここにさへたどり着くのも苦労した第一噴出口。
昨日までの雨と朝方の冷え込みで硬くパックされた溶岩流の雪上は舗装道路さながらに歩く事が出来ました。
樹林帯で踏み抜き予防のためワカンを装着するも順調に到着。
途中、お一人に先行を許し3名が上に見えます。


c0077847_14110583.jpg


標高1200mの森林限界付近、霧氷が美しい。


c0077847_14111736.jpg


この上の斜面の状態が本日の最大懸念材料。
あまりにも硬い場合には撤退の判断をしようと思っていた所です。


c0077847_14111230.jpg

確かに硬いけど、つるつるのアイスバーンと言うわけでもない。
むしろアイゼンの効きがたいへん良い。

このアイゼンは昨シーズン買ったのと同じ中国メーカーの爪の長いバージョン。
去年は爪が短いものしかなく、この場所でテストした時に使い物にならない旨評価コメントをしたら
早速長いのを作ってくれたので、また購入しました。
(1000円高くなったけどそれでも4000円ちょっとだし・・・)
そして本日初使用、やや重いものの充分使えました。素晴らしいCP!


c0077847_14383649.jpg


標高1500、1600、1700、高度が上がると次第に斜度も反ってきます。


c0077847_14425228.jpg


標高1800m付近
雪が途切れてしまいました。
岩と砂礫、斜度がある中で雪上のようにアイゼンを効かす事も出来ず、
一旦高度を下げ慎重にルート選定して通過する事が出来ました。

写真がボケてるように見えます。
何故かレンズフィルターが外れ、再度付けましたが水分の付着に気づかずそのまま撮ったためです。


c0077847_14520507.jpg


砂礫岩陵帯は超える事が出来そうだけど、あの壁はどこ超えればいいの?


c0077847_14571610.jpg


ここってもしや例のアイスフォール?


c0077847_15001282.jpg

視線を左に向け私にでも登れそうなポイントを見つけ、あそこまでグレートトラバース!

ここ、最大の難所でした。
午前11時過ぎ、やや緩みが感じられ雪もろとも崩落してしまわないか。
写真見たままの斜度なので、いわゆる普通に自分だけ滑落してしまわないか。
慎重にアイゼン蹴り込み、そしてピッケルを根元まで差し込んで確保しながら蟹の横這い。


c0077847_15020508.jpg


ここ登るところ誰かに撮ってもらいたかったけど、一人なのでそれも出来ず、
登ってみたら


c0077847_15125448.jpg


ヒョイと出てしまいました。
おお~!

c0077847_15135078.jpg


いつも岩手山の周りにしがみ付いている割りに、意外にも頂上ってもう去年の6月ぶりか~。


c0077847_15142918.jpg


もう少し


c0077847_15144284.jpg

やったー!


c0077847_15173861.jpg

やたー!


c0077847_15175438.jpg


写ってるかな?


c0077847_15182085.jpg

やったー!
12時ちょい過ぎ、約6時間かかって登頂。


c0077847_15184448.jpg

裏岩手方面


c0077847_15195161.jpg

八幡平方面


c0077847_15202685.jpg

ちょっと戻って、あれ、なに池だっけ?


c0077847_15212675.jpg

さあ下山開始、あんな所にも池が出来てます。


c0077847_15273381.jpg


盛岡・玉山方面。
この外輪、来るといつも一週しますが、
この辺りのすぐ下があんな崖になってるとは知りませんでした。



c0077847_15274903.jpg


ここは湯気が出てて暖かそうなので、岩に腰掛おにぎり休憩。


c0077847_15280269.jpg


奥にも池が。雨と雪解け水が一気に溜まって出来たのか初めて見ました。


c0077847_15344941.jpg

八合目小屋方面まで歩いて見ます。

頂上直下で1月にもお会いした方と再会、ご挨拶方々教えていただいた情報。
「焼走りから直登ルートで上がったはいいけど、天候急変とか、雪面状態とかが悪くて危ない時は八合目小屋方面から7合目に行って、そこから外輪を巻き込んで行くと安全に焼走りルートへ戻れる」

そのルート確認させていただきました。
貴重な情報ありがとうございます。
なるほどと思いました。

ただ今回は小屋を確認出来る場所から、少し戻って


c0077847_15440145.jpg


雪の繋がってるところを見つけ下ります。

c0077847_15450639.jpg

自衛隊の演習場目指して降りてく感じ。


c0077847_15462789.jpg


外輪上は流石に風が強かったので、適当な風下でラーメンタイム。


c0077847_15482815.jpg

塩昆布おにぎりは旨いね。
ラーメンもやっぱり袋の方がいいよな~。


c0077847_15513375.jpg

下りはだいぶ左にずれて行く感じです。


c0077847_15530794.jpg

日が傾き始めると雪面は途端にテカリ始めます。


c0077847_15543058.jpg

この硬さの感じわかりますかね?


c0077847_15564897.jpg

日がピークに陰る頃、やっと第一噴出口まで戻って来ました。


c0077847_15590097.jpg

と、上空にヘリの音、遭難とかじゃなきゃいいですけど。


c0077847_16002056.jpg

自衛隊とかではなさそう・・・?

3月12日追記

本日付け岩手日報で遭難事故の記事がありました。
3月3日に入山された宮城の公務員の方が第一噴出口の南700mの所で昨日11日に遺体で発見されたとの事です。
この日3月10日にも岩手県警のヘリによる捜索が行われたとの事で、まさにそのヘリを目撃したのでした。
また、下山時に第一噴出口でお話したテレマークの方が「ストックとワカン一式見つけたけど最近滑落事故とかありましたか?」と聞かれたのを思い出しましたが、
あの方々も参加して11日にワカンを見つけた付近を捜索して発見した模様です。

冬山は本当に天候判断・状況判断が命に直結している事肝に銘じます。
私は無事下山出来ましたけど、危ないと思う所がなかったわけじゃない。
より慎重になるべきだったかもしれません。

でも、冬にここへ来る方々は本当に山が好きな人たち。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。



c0077847_16010313.jpg

午後5時無事下山。
たいへん良い一日でした。


c0077847_16145246.png

翌日、近年まれに見る筋肉痛・・・
でもよかった~。

[PR]
by 888-morioka | 2018-03-10 20:13 | 山遊び | Comments(5)

焼走り

c0077847_21343794.jpg


先々週もお話をした60歳になったTさん、お互いに前にも会った知らない人と呼び合っていますが、
頂上から降りてきたKMさんにお聞きした所岩手山登頂1000回達成の猛者だそうです。
そう言えば溶岩流上部までスキーで来られていたのは80歳のご夫婦Nさんだそう。
皆さん、すごい!


c0077847_21344418.jpg

50歳超えたばかりのひよっこYは今日も適当なところでラーメンをいただきました。

c0077847_21344985.jpg

普通こんなところで休憩なんて出来ないのですが
今日は風も弱くて暖かい。たぶんマイナス5度はない感じ。
大変気分のよいテラスで食後のコーヒーまで楽しめました。

c0077847_21345363.jpg


昨日のカーリングに興奮してしまい寝坊して登山開始が10時に、
でも途中までクロカンを利用して体力と時間を節約できました。
ただ靴が薄くて頂上目指すのは無理かな
ピークは見えませんでしたけど、早出出来ていたら上まで行けたかも、
そんな感じの一日でした。

天気予報、来週は厳しそう、もう3月ですね。


[PR]
by 888-morioka | 2018-02-25 21:54 | 山遊び | Comments(2)

焼走り

c0077847_21071076.jpg


今このルートが好きです。
好きだけど森林限界にさえ中々たどり着く事が出来ません。
でもラッセルにもがきながらもぼんやりとでも山容が浮かぶとつい見とれます。
3月になって天候が安定したらもう少し上の方まで行きたいと思います。



[PR]
by 888-morioka | 2018-02-18 21:19 | Comments(0)

c0077847_20211749.jpg


週末、どちらかと言うと今日の方が天気は良さそう


c0077847_20223424.jpg

週中に多少積雪があったので、かんじきを準備して出かけてみましたが


c0077847_20235641.jpg

標高1000mを前に敢え無く敗退。


c0077847_20245792.jpg

気温は先週より低くはありませんでしたが、林を出ると途端に強風にさらされます。
それでも緊急用ポンチョを被りながらラーメンとコーヒーをいただいて下山しました。

60代のおじさんと、山スキーの単独女性と挨拶を交わしました。
雪は降りましたが、溶岩流の上を滑るにはまだまだ積雪不測です。


[PR]
by 888-morioka | 2018-01-27 20:31 | 山遊び | Comments(3)

c0077847_17221015.jpg

今年初めての投稿です。
皆様あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。



c0077847_17300049.jpg

今日は7時過ぎに登山口出発したけど、なんとまだ誰もいなくて、樹林帯を一人ラッセル。
途中、馬力の違う若者が追い越してくれて、
「ラッセル替わります」
流石!頼もしい。

c0077847_17570139.jpg


もう一人、熟練者とお見受けされる方にも追い抜かれ、彼らはピークを目指して行きました。
ズームを望遠にすると、いつも遠くに見える外輪も今日はちょっと近くに見えなくもない。
頑張れば僕も行けるかな?

c0077847_18020579.jpg


でも、実際はこんな感じの距離感なので、私はここらで引き返します。
GPSソフトによると最高到達1355mとの事だから、馬返ルートだと4合目か5合目って所かな?

追記:ラッセルを交代してくれた礼儀正しき若者の記録を見つけたので、
断りもなくアドレスを張ります。


ラッセルありがとう。無事下山出来てなによりです。


c0077847_18051534.jpg

平坦な場所へ戻ってランチです。


c0077847_18060332.jpg


熱いラーメンが旨かった。
ちなみに出発時登山口での車の外気温計は-13℃でした。
この場所はどうだろ?手袋は外したくない感じ。


c0077847_18140163.jpg


ニューアイテム、初めてのピッケルはオークションで630円でした。
キズキズだけど、十分使える。変な色だなと思ったけれど、ゴアの合羽を羽織ったら同じ色だと気がつきました。
お揃いで恰好いいかも・・・


c0077847_18164992.jpg


朝撮影の焼走、溶岩流の上をスキーで滑るには今一積雪不足です。

[PR]
by 888-morioka | 2018-01-20 18:31 | 山遊び | Comments(2)

早池峰への道

c0077847_20370009.jpg


岳集落から小田越えへ向かう道、谷にニホンジカの鋭い鳴き声が響いている。
積雪は例年並み、雪の下の氷で滑ってこけてしまった。身体が瞬時に反応できず、受け身がとれない。年を感じる。
痛たたた

[PR]
by 888-morioka | 2017-12-02 20:37 | 山遊び | Comments(0)

タイヤ交換して試し乗り

c0077847_22484181.jpg


ぼちぼち休憩しまひょうか

[PR]
by 888-morioka | 2017-11-19 22:52 | 日常徒然 | Comments(2)

一朶の雲を目指し

c0077847_16264836.jpg


雪の坂道をひたすらに登る


c0077847_16165097.jpg

けど、今日は寒いのでこの辺で戻る事にしました。

____________________________________


c0077847_16214841.jpg
3連休最終日、
サンデーモーニングで張本元選手と大畑元選手の解説を聞きながら、
やっぱり少しは山歩きしようかなと思い三ツ石山へ出掛ける事に。
なんとなく車を走らせていたら、対向車の屋根に雪が載ってる。
まだタイヤ換えてないから危なそうだったら戻ろうと思いながら進む。
網張から激しい雪模様になったので、時々急ブレーキを踏んで路面状態を確認しながら進む。
大松倉ゲートには5台の駐車車両、うち2台はスタットレス装着車。
他3台はノーマルタイヤで来ていた。
確かにタイヤ交換はまだ少し早い気がする。

c0077847_16224474.jpg


外はさすがに寒かったが、歩き出すとそうでもない。


c0077847_16413469.jpg

時々強い風も吹く

c0077847_16251544.jpg

展望がきく所では雪が咲き始めの桜のように見える。


c0077847_16192470.jpg

北の方角、あれは大白森ピーク?


c0077847_16484003.jpg

水場はまだ生きています。


c0077847_16551331.jpg

小屋には3名、誰かストーブに火を入れてたのか少し暖かかった。


c0077847_16540619.jpg

大松倉のピーク付近は霧氷になってるかな?

c0077847_16580552.jpg

岩手山の屏風岩方面はより厳しそう


c0077847_16595309.jpg


風に雪が舞う


c0077847_17004589.jpg


湿原はシャーベット状態


c0077847_17014551.jpg

さあ帰りましょ。
雪の三ツ石ハイクでした。

[PR]
by 888-morioka | 2017-11-05 17:02 | 山遊び | Comments(2)

c0077847_14384118.jpg

10月8日 八ヶ岳方面からのご来光

c0077847_14385051.jpg


そう言えば八ヶ岳は行った事ないな、北八はあるか・・・

c0077847_14385594.jpg


常念が見えて来ました

c0077847_14385051.jpg


まだちょっとレンズがクリアでないかな

c0077847_14390328.jpg


良い道です

c0077847_14385851.jpg


とても良い道です

c0077847_14390809.jpg


八と南アルプスと、ひそかに富士山も見えている。



c0077847_14391884.jpg



常念小屋からは結構きつそう

c0077847_14391220.jpg



やっぱりきつそう。


c0077847_14515778.jpg

で、常念の頂上、
きつい登りでは写真がありません、
微妙に手もずれてます。

c0077847_14392588.jpg


当初の予定ではあの前常念への直登コースを来るはずでした。
更にきつそう。


c0077847_14393289.jpg


鞍部に降りて常念を振り返ります。


c0077847_14393701.jpg


いくつかピークを越えて、更に蝶槍への登り
この辺りヘロヘロです。


c0077847_14394297.jpg


午後になると下界からの上昇気流でガスガスになってきました。

c0077847_14400156.jpg


もうちょっとで蝶の小屋

c0077847_14400977.jpg


忠則

c0077847_14401975.jpg



今日も一日お疲れ様でした。


c0077847_14402983.jpg


10月9日 最終日は3時出発、
ゴジラさんもフラッシュ撮影

c0077847_14403880.jpg


朝6時下山しました。
この後、日本海側の下道をひた走りに走り
午後9時半無事自宅着、長い一日でした。

ご苦労様でした。
soka殿、ありがとうございました。

来年の目標、小蓮華~白馬(坂の上の雲の道)と
それから冬の唐松に行きたい!あと立山も・・・

[PR]
by 888-morioka | 2017-10-28 14:43 | 山遊び | Comments(2)

c0077847_23001561.jpg


10月8日
5時51分 所謂一つのモルゲンロート
(大天荘付近から)

c0077847_23005301.jpg


7時49分 今日はいつも振り向けばそこに槍
(中天井岳付近から)

c0077847_23014629.jpg


9時58分 晩秋っぽい色合い
(東天井岳付近から)

c0077847_23021997.jpg


13時28分 昼下がり お茶をしながら槍ヶ岳ビュー
(常念岳付近から)

c0077847_23025225.jpg


16時53分 遠くに、そしてシルエットになってしまった。
(蝶ケ岳付近より)


槍ヶ岳

30年夢見ていまたけど、今回は実物をお腹いっぱいいただきました。


[PR]
by 888-morioka | 2017-10-18 23:26 | 山遊び | Comments(0)